作ってくれる

まずはパーツの増設から

電気系統

周りでパソコンを自作している人はいませんか。とても難しい専門的なことをやっているように見えます。しかし自作パソコンは決して専門知識が多くないとできないものではありません。 ですが初めて自作でパソコンを作るというのは、やはり難しくて手を出しにくいはずです。それならばまずはパソコンの部品であるパーツを一つ購入して、持っているパソコンに取り付けて見ませんか。パーツを増設するということによって、パソコンの内部に詳しくなります。そのため自作パソコンの第一歩として、パーツを増設をすることはオススメできる手段です。 しかし外付けハードディスクなどをUSBで増設しても、自作パソコンの知識は増えませんので注意しましょう。

メモリを交換してみよう

パーツを増設したいと思ったときには、最初に使用しているパソコンに増設することができるパーツを調べましょう。パソコンの説明書やセットアップガイドに載っていることが多いです。メーカーによっては増設が無理なこともありますので、きちんと読みましょう。 まずはメモリから始めることをオススメします。これならば驚くほど簡単に取り付けることができます。パソコンに元からメモリは必ず付いているので、交換した際に動かなくても「購入したパーツ」が悪いのかどうかの判断がつきやすくなります。 処理速度を上げたいと考えているのなら、CPUを交換するのが一番なのですが、これはとても難しいので自作パソコンに関する知識が固まってきたらにしましょう。